Kodai

記事一覧(7)

ガンとどのように付き合うか

いつもお読みいただき、ありがとうございます。前回は、「ガンを正しく理解する」を書きました。どんな事もそうですが、しっかりと根本をわかっていないと、最後まで引きずってしまいます。その結果、最良の選択できずに辛い思いをすることになってしまう。なので、正しく理解することが、最初で最も重要なのではないかと思います。では、今回の本題です。◎ガンとどのように付き合うか。ガンという病気をまずしっかりと理解して、自分がこの先どうしたいかを考える。ガンに対して、闘うのか、共存していくのか。ガンになった事を自分自身どう受け止めるか。どうしてガンになったのか?闘うには、どのようにするのか?共存するには、どのようにするのか?治療方法を選ぶ時、治療した結果どうなりたいか?ガンが無くなった時、小さくなった時、身体はどうなっているか?⚫︎自分の身体と相談自分の身体にあるガンは、どんな状態か。体調は?症状は?気持ち?(精神状態)⚫︎治療方法の選択標準治療手術、化学療法(抗がん剤)、放射線治療代替治療丸山ワクチン、遺伝子治療、免疫療法、漢方、温熱療法、などなど。まだまだたくさんの代替治療があります。もしくは、治療をしない。あるがままを受け入れる。緩和ケアをしながら、生活する。すべての条件を考える。身体、病気の難治度、心、年齢、家族、今の生活、治療後の生活。これを考えて、治療方法を選択する。それと、自分自身の直感。人間は死に直面して、今の状況を受け入れる事ができると、かなりの直感が働きます。実際に自分がそうでした。ガン告知をされてから、手術を受けるまで、それまでや今とは比べ物にならないくらい、直感がありました。そして、自分のアンテナが広がって、治るために必要な事が次々に起こりました。ガンという病気を自分の中で受け入れられたから、引き寄せられたし、逃さなかったのかもしれません。そこで、モチベーションを維持するため、維持するために、「自分の人生でやりたいこと。」これをガンが身体に、有ろうが無かろうが達成する。これが必要だなと思うんです。でも、やりたいことが健康な人でも保証出来ない事では、無理がある。たとえば、現在60歳で90歳まで病気もせず、 宇宙飛行士になる。とかは、かなり無理だと思いますよね。だから、小さな目標でいいんです。・毎年、家族全員で温泉に行く・季節ごとに花を見に行く・毎月、神社や寺院に参拝する・毎週、季節の野菜を買いに行って、自分の免疫力アップに活かす・3日に一回は、ウォーキングや散歩をして、筋力を維持する・毎日、早寝早起きをして朝陽を浴びて、体内時計をリセットして、自律神経を調える。なんでもいいんです。元気に楽しく生活できる目標を作りましょう。その連続が10年も20年も続けば、大きな目標に近づくはずです。そう考えれば、自分がガンとどう付き合っていくかが見えてくるはずです。僕は口腔底ガンだったので、食べることや話すことが、難しいと思ったんです。だから、最初の目標は、「蕎麦を3人前食べられるようになる。」でした。もともと3人前食べられたから、必ず元に戻す。そういう意識でいました。今、食べられますよ。もっとたくさん小さな目標ありましたよ。入院中にノートに色々書きました。闘病記録?になるのかな。

ガンになったらすること。

いつもお読みいただき、ありがとうこざいます。ガンになったら、まず最初にするべき事。ガンに限らず、「病気になったら」の方が正しいですね。ガンになった事を想定してかきますが、命に関わる病気になったと置き換えて、読んで頂いても良いと思います。さらに小さな病気でも、根本から治すには必要な事だと思います。僕がガンを宣告されて、治療後に復活してから、色々な本やネットで情報を集めてました。そして義父がガンになってからの生活を見たり、体感・経験した結果、思った事です。◎ガンを正しく理解する。「ガン=死」と考えていませんか?ガンと宣告されて、次の日に死ぬことはありません。ガンがどうやって人を死に追いやるかを知ってますか?人は、ガンがあるだけでは死なないんです。ガンは無限に増殖しようとする、自分の異常細胞です。ガンが増殖し続けて、臓器が働かなくなって、はじめて人は生きていられなくなります。ガンによる臓器不全。肝不全や呼吸器不全などなど。だから、脳梗塞や心筋梗塞・心不全などになったほうが、すぐに死んでしまう可能性が高いのです。ガンはあってもすぐにには死なないと、しっかり理解するべきです。ですから、自分の身体の状態にあった治療をすれば、ガンがありながらも、天寿を全うできます。さらにいえば、たとえ医者に完治できないと言われても、完治する可能性はゼロではないということです。人間はわからない事が恐れや恐怖を増幅させます。必要以上に恐怖をして、それがストレスとなり、さらに病状を悪くしてしまうことになります。最初にするべきは、これだと思います。「正しく理解すること」このベースが無く、治療に進むと自分の意思がない状態になる。医者の言うとおり。周りの人の言うとおり。自分の人生を他の人に委ねる事になります。もしくは、自分で決めたとしても。可能性をすべて考えないまま、与えられたもの中から選んだだけ。病気を恐れ過ぎないでください。しっかりと向き合えば、そこから自分らしい生き方が、きっと見えてきます。医者も周りの人もわからない、自分だけに合ったことが現れるかもしれない。医者や周りの人が言ったことが、心から自分に合ったものだと思えるかもしれない。そうすれば、自分で決めた良い結果につながるはずです。すみません、偉そうに書いてしまいました。でも、ことガンと言う病気は必ず治るというものありません。再発ということもあります。それでも、病院では標準治療を進められるでしょう。少しでもガンを小さくするために。しかし、副作用が本当に凄まじい。体力に自信があった僕でも35キロ以上も体重が減り、今だになかなか増えません。 義父も最後はかなり体力がなくなっていました。標準治療をやるならば、しっかりと副作用を理解し、自分の身体と相談して、しっかりとケアができなければ、やるべきでは無いと思いますよ。病院では、体力回復や免疫力回復のケアはしてくれません。自分でやらなければならないんです。それができれば、標準治療の副作用にも負けずに、病気にも負けずに良くなると思います。何をするにしても、自己責任。病院は責任を取ってはくれません。ですから、治療方法も含めて正しく理解しなければいけません。次回は、ガンを正しく理解したうえで、「ガンとどのように付き合うか」を書きたいと思います。ちなみにこの本、おススメです。僕は治療がすべて終わってから読みましたが、ガンのこと正しく理解できます。ガン告知されていなくても、読むといいと思いますよ。

心から感謝しています

いつもお読みいただき、ありがとうございます。今回は、丸山ワクチンについて書いていこうと思っていましたが、先日、2月25日に義父が亡くなったので、感謝の気持ちと色々と考えるところがあったので、書いていこうと思います。僕達夫婦が結婚してもうすぐ10年。お義父さんとも10年前のこの時期に初めて会いました。初めて会った時から、妻を本当に大切にしていた事が、すごく伝わって来ました。僕の事も快く受け入れてくれたのも、すごく伝わって来ました。色々なことを気にかけてくれて、長男が生まれてからは、子供たちのことをとても大切に可愛いがってくれました。僕の父が亡くなった時も親身になって、助けてくれました。子供たちのじいちゃんも1人になってしまったので、一生懸命可愛がってくれました。おかげで、ウチの子たちはじいちゃんの事が大好き。僕も頼りにしていました。僕の店の事も心配して、応援してくれて、あまり好きではなかった蕎麦を頻繁に食べに来てくれました。その度に「美味い」「美味かったから汁を全部飲んだよ」と、言ってくれました。僕が病気になった時も、自分のことのように心配して、入院の時は、「個室にしなさい」「お金は出すから、しっかり治せ」って。有り難かった。本当に有り難かった。僕が病気になったのが引き金になって、妻が調子を悪くしても、僕を責めることもなく、一生懸命助けてくれました。僕たち家族に、お金も時間も心もすべて費やして、助けて守ってくれました。だから、本当に助けたかった。何とかして元気に長く一緒に過ごしたかった。義父の病気も、「ガン」。今となっては、僕のよりもはるかにタチが悪いものだったとわかりました。でも義父がガンとわかった時は、僕は克服できたから、僕たちなら、きっと義父を治すことができる。そう思いました。僕がガンになり、それを乗り越えられたのは、きっとこの為だと。僕は、僕の持っている経験と知識。それに加えて、病気から復活してから始めた、健康である為、健康になる為の情報収集。すべてを義父の為に使おうと。さらにたくさん勉強しようと。でも、勉強すればするほど、「自分の治療方法は、自分で決める」ということが、とても大切だという思いが強くなりました。それは、「自分の人生は、自分で決める」に他ならないからです。ましてや、今まで懸命に生きてきた大先輩に対して、押し付けることは、できないと思いました。だからといって、何もしない訳ではないです。今ある情報・知識はすべて伝えたし、娘からののお願いとして、妻からもたくさん伝えました。しかし、僕らの考える最良の方向には進んではもらえませんでした。だからといって、僕には義父の選択が良かったのか、悪かったのかはわかりません。義父は今どう思っているんでしょう。悔いがないなら、きっと良かったんですよね。でも、悔しい気もします。義父は、絶対に治してウチの子たちに温泉に連れて行ってもらうまで生きたい。(15年はかかります)と強く思っていました。それゆえに、効果の期待できる副作用の強い治療を選択して、頑張り続けました。僕ら夫婦の願いは、病気を受け入れて、今ある時間を大切にして、たくさんの思い出をみんなで作り、ガンがあっても、少しでも長く元気な時間を過ごすようにして欲しかった。抗がん剤治療で苦しい時間が多くて、楽しく過ごせなくなると、僕はわかっていたから。それでもやっぱり、お義父さんの人生は自分で決めなくてはいけない。僕らが強要できない。それに、義父は医師を信頼していましたしね。少し遠い未来をみていました。僕らは、近い未来をみて、それを積み重ねて遠い未来に繋げてほしかった。ガン治療に魔法の薬は無いんです。大きな効果を求めたら、大きな副作用に苦しめられる。自分の人生は、自分で決める。大切なものは、絶対に守り通す。という強い意志。日々の生活の中に、健康でいる秘訣がある。これは、僕が身をもって体験した事。お義父さんに教えてもらった事。まだたくさんあると思います。本当に、ありがとう。心から感謝しています。お義父さんに心配かけるといけないから、無理しすぎないように、みんなで幸せに過ごしていきます。かなり私事でしたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

重要ミッションで東京遠征

いつもお読みいただき、ありがとうございます。今回はスマホから書いてます。最近、ゆっくりパソコンに向き合っていられる時間が少ないので、ちょこちょこやれるスマホで書いてみることにしました。前回書いた「丸山ワクチン」。そして「夕食だけ断食」の事。まず、「夕食だけ断食」。すぐに体重は戻ってきました。5日ほどで。やっていた6日間と今を比べると、朝の体調が「夕食だけ断食」してる時の方が好調でした。胃腸を休める時間が長い分だけ、体全体の回復がされやすいのでしょうかね。ただ、栄養は足りていなかったから、体重は落ちて筋肉も落ちた気がしたました。肝心の血液が増えたかというのは、あり実感無しですが、立ちくらみの回数は少し減った気がしないでもないかな。でも、調子が良かったので月に1回くらいは、夕食だけ断食をやってみようと思います。この「夕食だけ断食」にはもっと色々な効果があるし、他のものとの組み合わせでさらに良くなると思うので、また紹介しますね。さて、今回のブログタイトル「重要ミッションで東京遠征」ですが、丸山ワクチンを取りに行っていたんです。前にも書いたように、義父の調子が良くない。抗がん剤はやればやるほど、副作用に体がやられてしまう。さらに、同じ物だと耐性ができて効かなくなる。これ以上体力を削り取られる訳にはいかない。副作用が限りなくゼロに近い、尚且つ効く可能性のあるものとして、丸山ワクチンを選んだんです。最初からやっていればというか話にもなりますが、最初は選択肢にも上がっていなかった。僕自身も詳しく調べもせず、懐疑的だったんです。先日やった仰天ニュース見ましたか?丸山ワクチンの特集されていたのを。それを見てしっかり調べてみようと思ったんです。そんな人はたくさんいますよね。そうこうしているうちに、話が進んで来て、情報をくれる人がタイムリーに現れたり、書類が月曜に揃って、先日の火曜日に至る訳です。こんなタイミングで来たのには、きっと訳があると僕は確信してるんです。丸山ワクチンがどんなものなのか、次回にしっかり説明しますね。とにかく、副作用が限りなくゼロに近く、お金も高額ではない。なのに、効いている人はいる。これだけで試してみる価値はあると思いませんか?早く情報を知りたい方は、連絡ください。必ず時間を作って、お話します。僕に情報をくれた方は、ガンを患っている方とその旦那様。実際に丸山ワクチンを今使っています。僕もそのご夫婦も、ガンの辛さや治療の大変さを知っているだけに、なるべく、負担が少ない方法で回復して欲しいと願っています。ですから、もしみなさんの周りでガンを患っていて、不安を抱えている方がいらっしゃったら、お話したら気持ちが少し軽くなったりするかもしれません。実際に僕らが経験した事を参考にしてもらって、少しでも負担が少ない治療になってもらえれば、嬉しいです。丸山ワクチンについては、次回。病気を正しく理解することが、治療に臨む時の必要不可欠なこと。というのも、ゆくゆく書きたいと思っています。最後まで、お読みいただきありがとうこざいました。